facebook/instagram
mumca
ABOUT

Beautiful Edge.

風景の中にある

美しい境界線を抽出し
器というカタチに起こす

MUMCAの器が
人の手に渡って
様々な使われ方をすることで
美しい風景をつくってほしい

丸谷牧子
MAKIKO MARURANI
大学時代グラフィックデザインを学び、
趣味でカメラを持ち歩いていた

赤い柵と白い壁のコントラスト
海と砂浜の境い目(・・・)

好きだったのは
風景の中にある魅力的な境界線

そのうち境界線を作る要素の「カタチ」に魅力を感じ、
インテリアやプロダクトに興味を持つようになり、
東京でインテリアショップスタッフを経験。

プロダクトデザインへの関心が深まり、
地元の金沢に戻り、九谷焼の学校で一から技術を学ぶ。
卒業後はロクロ師として窯元に就職。
主に「成形(カタチをつくる)」ことに夢中になった。

2018年、九谷焼ブランド「MUMCA」を立ち上げ、
魅力的な風景をつくるためのカタチを
手挽きの陶芸という手法で追求している
Studying graphic design at university,
I was carrying my camera as a hobby

Contrast of red fence and white wall
The boundary between the sea and the sandy beach (...)

I liked it
An attractive border in the landscape

One of them was fascinated by the “shape” of the elements that create the boundary,
I became interested in interior and products,
Experienced interior shop staff in Tokyo.

Increased interest in product design,
Return to the local Kanazawa and learn the technology from scratch at Kutani ware school.
After graduation, he found employment at the potter as Lokuro.
I was obsessed with “molding”.

In 2018, Kutani ware brand `` MUMCA '' was launched,
Forms to create an attractive landscape
Pursuing a technique called hand-ground ceramics